令和就活

就職がすべてじゃない 

でも就活なら 令和となった今では、インターンシップやそれぞれのお仕事経験が有効となる。

自分がどんな仕事で役に立てるか を考える

例えば、私の場合、学生時代、色んなバイトをした。 

中でも単純作業の仕事は時間がなかなか過ぎないと感じ、私には合わないと感じたり、

人に教える仕事や人の話を聞くのが、時間があっという間に過ぎるので、自分に合っているのかなと感じた。

それでカウンセラーを目指すわけだが カウンセラー以外にも、色んな仕事を自分なりに工夫して楽しくやった。

そうすると、どの職場でもうまくいき、仕事を任され、辞める時にもまた来てほしいと言ってもらえる。

自分なりに工夫して楽しく  仕事をすることが、自分も回りもいい影響で、

いいオーラに包まれていく。

今ならバイトに加えてインターンシップも出来る。 ないところには直接問い合わせたっていい。

行動力は重視される。

動ける人。

そしてここぞという時には、ちゃんと目を見てコミュニケーションが取れる人。

作り過ぎずに自分をしっかり出せる人。

そういう人がどの世界でも求められる。 

会社だけがすべてじゃない。

自分自身で新しいことをやってみたっていい。

職人さんに弟子入りしたっていい。

会社という枠を飛び越えた自分が尊敬する偉人に弟子入りしたっていい。

家族の仕事を親から引き継いでもいい。

お金を稼げる 自分のやりたいこと 自分が役に立てること

を 考える必要がある。

動きながら。

(WANIMAの「ともに」 と、渡辺美里の「MY REVOLUTION」がおすすめ曲)

就活カテゴリの最新記事